アニメ見放題見逃しブログ

アニメを見放題しながら趣味に楽しむブログです。見逃し配信も大丈夫!

【全話あらすじネタバレまとめ!】イエスタデイをうたってのアニメを徹底調査したよ!

\\アニメ好きが絶対加入している//

 

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/23/75/5/0/04/23755004_1_9_8b.png?1587357081000

イエスタデイをうたってのアニメの全話あらすじのネタバレをまとめたよ

アニメのイエスタデイをうたっては本当に面白くて最高ですね。

どんなあらすじになっているか気になって眠れないと思います。

それではこれからイエスタデイをうたってのアニメの全話あらすじのネタバレをまとめました。

イエスタデイをうたってのアニメ全話あらすじのネタバレを調査しました

まずはイエスタデイをうたっての全話あらすじのネタバレをチェックしてみましょう。

楽しみでワクワクドキドキですね。

見どころ

キャラクターの感情の機微が繊細に描かれ、感情移入のしやすさも抜群。「すれ違い」を主軸とした等身大の群像劇に、青春の良さや苦さを再確認できるのも魅力。

全体のストーリーとあらすじ

新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街。大学卒業後も定職に就かずアルバイトをして日々を過ごすリクオは、将来に対する焦燥感を覚えていた。そんなある日、カラスを連れたミステリアスな少女・ハルが現れたことをきっかけに、止まっていた日々が動き始める。

イエスタデイをうたってをU-NEXTで見放題で見よう

イエスタデイをうたってはU-NEXTというオンデマンドサービスを利用すれば月額1990円で3200作品を見放題で見れますよ。初月無料ですので、まずは無料で見まくってください。初月で解約しても大丈夫ですので安心を。

◆アニメ好きなら絶対加入して損はなし!◆

\\アニメ3200作品初月無料//

▶︎アニメ観るなら<U-NEXT>

YouTubeの紹介


冬目景の人気マンガ「イエスタデイをうたって」がアニメ化 テレビ朝日の新深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で放送

読者の口コミと感想

原作は冬目景先生の漫画。アニメ製作は動画工房。 主人公・魚住 陸生の声を担当するのは、小林親弘さん(BEASTARSのレゴシの人)で、はまり役。 野中晴の声は「SSSS.GRIDMAN」の六花や「id:INVADED イド:インヴェイデッド」の飛鳥井木記を演じた宮本侑芽さん。 1990年代終盤、様々な悩みやコンプレックスを抱えながらも、なんとか前向きに生きようとする若者たちの、モラトリアム青春グラフィティ。 人生に対していろんな考え方を持った人々が、いろんな関係でかかわり合って、時にはその考え方に感化されたり、いろんな影響を与えあいながら淡々と、しかし着実に前に進んで生きていく……そんな内容。 大勢でワイワイするより、一人でいるのが好きな人の方が共感しやすいかも。

 

普段はなるべく中立なレビューを書くようにしているんですが、 この作品に関しては、かなり主観が入らざるを得ないので、 もしファンの方が居たら先に謝っておきます。ごめんなさい。これ以降は読まないようにしてください。 この時代はとにかく、この手の作品が流行りました。 大学生の群像劇であるハチミツとクローバーであったり、この作品であったり、 秒速5センチメートル辺りにも、少し似たような気配を感じますかね。 いや今でもこういう雰囲気の作品はあるのだと思いますが、 当時はハタチそこそこで世代的に近いこともあってか、よく目立って見えました。 ヴィレッジヴァンガードに行ったら目立つ位置にデカデカと店員の小粋な文章で紹介されているようなやつです。 で、内容の方はと言うと 『就職に失敗した主人公がズルズルとフリーターをやっているところに、大学時代に好きだった仲のいい女子と、 それとは別に肩にカラスを乗っけたミステリアスな美少女がやってきてイロイロある。』 というお話で、まーその年代特有の繊細な話であるとか、そこに恋愛模様が絡まったりであるとかする。 ………というお話なんですが、翻って自分を見てみると、まーーこれがものの見事に”無い”。 ミステリアスな美少女も、なんか自分を好きっぽい美女も、まーーーーこれが見事に”現れない”。 そりゃそうですグズグズやってるフリーターのところに、 誰もがすれ違ったら振り返るような美人と美少女が同時に現れて、 しかもなんならちょっと好意がありそうだったりする。 冷静に考えればそんな当たり前にあり得ない光景が、 しかしこの作品の中ではある程度のリアリティでもって描かれている。 現実はこれよりもかなりドライです。 ただただ受け身で何も持たない主人公のところにやってくる美女なんか居るわけがない。 しかし、この作品はそれを肯定してしまう。それが当時からとても恐ろしかった。 これを食らって道を踏み外した人間は、おそらく結構な数居るはずです。 なにせ自分の周りにも居たくらいですから。詳細は避けますが。 秒速5センチメートル辺りなんかは、こういう自己陶酔しまくりの主人公(読者の投影)に対して 「それ、どうしようもなくダサいぞ。」ということを突きつけてくるので、 心を痛めつつもスカッとする部分があるのですが、イエスタデイをうたってにはそれも無い。 自堕落にズルズルと結論を先延ばしにしていたとしても、ついてきてくれる美人が居てくれたり、 ほぼ無条件でこっちを向いてくれる美少女が居たりする。 そういう夢に終始酔い続けたまま、泥酔し続けたまま、ありもしない世界に溺れる。 そして時間だけが過ぎていく。 そのことがとても多くの被害者を生んでいるような気がして、ずっとこういう”ファンタジー”が苦手で居ます。 いや冷静に考えれば、肩にカラスを乗っけて街中を歩き回ってる女子がヒロインとして出てきた段階で、 普通の人はファンタジーだと気づくのかもしれませんが。 あれから随分と時間が経って、自分も少しはこの手の作品を楽しめるようになったかと思って見てみましたが、 やっぱりダメなものはダメでした。しかしこれはあくまでも個人の妄想も含むただの感想であって、 キュウリはどんなにおいしいキュウリであったとしても食べられない人がいるように、 自分の中では冬目景作品はそういう位置にあるものなんだと思います。 じゃあなぜ星1じゃないのかと言うと、 作画や演出、キャストなどは原作の雰囲気をほぼ完璧に再現できていると思うからです。 今の時代に合わせてタバコやカセットテープなどをあまり改変しなかったのもいい判断だと思います。 あの頃の感想がこうしてリアルに思い出されるくらいには、このアニメ化はクオリティが高い。 あともう一点付け加えるとするなら、これを一番流行っていた当時に見たかったということ。 そうすれば、もっと新鮮な文句が言えたかもしれません。 この作品を全力で楽しむには、自分は中途半端に歳をとってしまいました。それが残念といえば残念です。 ただ好意であれ悪意であれ、これだけの感情を生み出させるこの作品にはそれだけのパワーがあるということで、 それは純粋にすごいことだと思います。 間違いなくこの作品はあの時代、我々の心を掴んでいました。そのことを強く思い出しましたね。

イエスタデイをうたっての全話あらすじのネタバレはここから

scene01 社会のはみ出し者は自己変革を目指す
大学卒業後、定職には就かずコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女・ハルが現れる。
23分

scene02 袋小路
赴任した高校の卒業式を控え、髪を短く切ったシナ子。幼馴染みの高校生・早川浪が転校してくることになり、金沢での記憶が蘇る。そんなある日、夜の公園で偶然シナ子を見かけた陸生は、気まずいながらも声をかける。
23分

scene03 愛とはなんぞや
陸生への想いの強さとは逆に、心に逃げ場を作る晴は、戸惑う陸生に対し自ら一線を引いてしまう。そんなある日、晴は映画のチケットをもらったことを口実に陸生を誘うが、彼はなかなか待ち合わせ場所に現れず…。
23分

scene04 川は流れて 榀子帰郷
美術大学合格を目指し美術予備校に通う浪は、周囲との技術や知識の差に焦りを感じていた。亡き兄へのコンプレックスから、いつまでも自分を子供扱いするシナ子に浪は思いの丈を伝えるが、シナ子の気持ちは動かず...。
23分

scene05 ミナトという男
カメラが趣味だった陸生はギャラリーでバイトを始め、大学生の湊航一と出会う。湊は高校時代の同級生だった晴が想いを寄せる陸生に冷たく当たり、陸生は年下ながら経験に勝る湊の態度にいら立っていた。
23分

scene06 ユズハラという女
突然バイト先に現れた高校時代の彼女・柚原チカを泊めることになった陸生。彼は本当にカメラマンになりたいのか考え始めていた。一方、シナ子は自分が陸生を都合のいいように利用しているのではないかと思い悩む。
23分

scene07 恋人たちの予感
晴との食事の場で、陸生は写真スタジオでのバイトに挑戦することを打ち明ける。陸生が前向きになっていくことを喜ぶ晴。一方、将来が見えずに不安を抱える浪は、焦りからシナ子に辛く当たってしまう。
23分

scene08 イノセント・ブルー
陸生への気持ちの変化を意識しながらも、一歩踏み込めないでいるシナ子。彼女は同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。だが、シナ子との関係が進展し始めたにもかかわらず、陸生はなぜか心から喜べず…。
23分
New
scene09 クリスマス・キャロル
久しぶりに浪の家に食事を作りにいくシナ子。強引に迫ったことを反省し想いを語る浪に対し、シナ子もこれまでの関係は壊したくないと告げる。関係が修復し気を良くした浪は、シナ子にクリスマスパーティを提案する。
23分
New
scene10 はじまりの新年
突然福田家のホームパーティに現れたシナ子は、陸生や福田たちと大学時代の思い出話をしながら和やかな時間を過ごす。福田夫妻からの後押しもあり、陸生はシナ子にクリスマスプレゼントを渡すが...。
23分
New
scene11 はるの嵐
警察からの電話で晴の家に向かった陸生。空き巣の被害はなかったが、晴に懇願され家に泊まることに。陸生は晴にシナ子とのことを話せず、シナ子も徐々に進展していく陸生との関係を浪に言えずにいた。
23分

キャスト・スタッフ

声の出演
(魚住陸生) 小林親弘
(野中晴) 宮本侑芽
(森ノ目品子) 花澤香菜
(早川浪) 花江夏樹
(木ノ下) 鈴木達央
(狭山杏子) 坂本真綾
(福田タカノリ) 寺島拓篤
(福田梢) 洲崎綾
(杜田) 名塚佳織
(滝下克美) 堀江瞬
監督 藤原佳幸
原作 冬目景
アニメーション制作 動画工房 DMM.futureworks
キャラクターデザイン 谷口淳一郎
音楽 玉井健二 & agehasprings 近藤貴亮
制作 DMM.futureworks
総作画監督 吉川真帆 谷口淳一郎

イエスタデイをうたってで最高の時間を過ごそう

イエスタデイをうたってのあらすじを読んでみてどうでしたか?

私もアニメで毎回楽しみに最高の時間を過ごしています。

アニメは臨場感があって本当にワクワクドキドキして最高に楽しいですよ。

最近だったらスマートフォンでも気軽にアニメを見ることができるので、漫画を読むよりも楽しいと感じる人は多いと思います。

これだけ毎回面白いアニメをそうそう無いので、思う存分楽しんでやりましょう。

あらすじのネタバレを見るとより深くアニメが見れる

何もあらすじがわからない状態でアニメを見るより、ネタバレである程度頭に入った状態で見ると面白さが倍増しますよね。

私もイエスタデイをうたってを見るときは、事前にネットでネタバレ情報をチェックしていました。

私は小さな頃から毎日アニメを見ていたので、大人になってもアニメを最高の趣味として楽しんでいますよ。

日本のアニメ業界は世界ナンバーワンなので、質の高い面白いアニメを見放題ですよね。

まとめ【アニメイエスタデイをうたってのあらすじのネタバレまとめ!】

ではアニメのイエスタデイをうたってを最終話まで徹底的に楽しみまくってやりましょう。

私も漫画を読む時間がかなり少なくなっていき、現在では無料動画でアニメを見るほうが増えてきています。

漫画の方が好きな人は多いと思いますが、アニメに慣れてくるとやっぱり臨場感があって最高に楽しいと感じるはず。

私の場合はテレビで見るのではなく、スマホで公園やカフェでのんびりイエスタデイをうたってのアニメを楽しんでいます

子供にかえったような感じがして、まるで気分は学生時代のようです。

あらすじのネタバレを頭に入れて、素敵な時間をお過ごしください。